トラブルの具体例

トラブル消費者金融を利用することによって、トラブルが生じることが多いです。どのようなトラブルが起きるのか具体例を紹介します。最も多いトラブルは返済に関するものです。多額のお金を借りすぎてしまい、それに金利が加わるので、利息分のお金しか返済できない状態になる方が多いです。毎月、返済金を支払っているのに利息分しか支払うことができないのでいつまでたっても借金が減らなくて困っている方がいます。この場合は、返済計画を見直す必要があります。

また、消費者金融でお金を借りる時の金利に関しては法律によって上限が決められています。その上限を超える分の利息に関しては支払う必要はありません。しかし、自分でも気づいていないうちに、本来であれば支払う必要のない分のお金を支払っていることがあります。この場合は、弁護士などに相談をして、過払い金の請求をすることが可能です。

消費者金融の利用でトラブルが起きてしまうと、それが信用情報に登録されてしまうことがあります。これはいわゆるブラックリストのことであり、クレジットカードやローンの審査に影響を与えてしまいます。できるだけトラブルを避けるように努力しましょう。消費者金融の利用は計画性を持つことが大切です。

関連HP→弁護士法人アディーレ